日本では、韓国料理といえば「ビビンバ」「スンドゥブ」「サムギョプサル」が有名ですが、実はまだ知られていない美味しい料理がたくさんあります。
今回は自称韓国ツウの私、すーがコリアンタウンといわれる新大久保のオススメ店と一緒に、みなさんにぜひ食べてほしい絶品韓国料理3品ご紹介します!

豚肉だけじゃない!辛いもの好きにオススメ鶏肉料理「닭갈비(タッカルビ)」

「タッカルビ」とは、鶏肉と野菜をコチュジャンベースのタレで炒めた料理のことです。
お店では目の前の鉄板でお店の人が調理してくれることが多く、出来あがったら鉄板に直接お箸をのばして食べます。また、全部食べ切らずに鉄板に少量の具を残し、ご飯を足してチャーハンのような볶음밥(ポックンパ)にして食べても美味です。

新大久保のオススメ店は「春川鶏カルビ (チュンチョンタッカルビ)」
新大久保で唯一のタッカルビ専門店。店内は韓国の昔の田舎の民家をイメージしていて落ち着いた雰囲気です。

店舗情報

住所:新宿区大久保1-15-7
電話:03-3207-4572
アクセス:
JR山手線新大久保駅 徒歩5分 
JR総武線大久保駅南口2 徒歩7分
営業時間:11:00~24:00

日本と似てるようで違う!韓国の海苔巻き「김밥(キンパ)」

「キンパ」とは、韓国風海苔巻きのことです。
見た目は日本の太巻きと似ていますが、日本と違うのはその中身。
日本では具材としてかんぴょうやキュウリなどを入れますが、韓国の海苔巻きは牛肉や卵焼き、たくあん、ほうれん草、ニンジン、ソーセージ、キムチ、ツナ、チーズなどたくさんの具が入っています。仕上げに外側の海苔にゴマ油を塗ることが一般的です。

新大久保のオススメ店は「明洞のり巻(ミョンドンノリマキ)」
24時間営業で、500円から9種類のキンパを楽しめるお店です!1人でも行きやすいので、私もよく行きます。

店舗情報

住所:東京都新宿区百人町1-3-17
電話:03-3232-8896
アクセス:
JR山手線新大久保駅 徒歩4分
JR総武線大久保駅北口 徒歩7分
営業時間:24時間営業

韓国スイーツといったらコレ!「빙수(ビンス)」

「ビンス」とは、韓国版のカキ氷のことです。たくさんのフルーツや小豆、きなこ、アイスクリームなどが入っています。韓国人はビビンバのようにスプーンで全体をよくかき混ぜて食べますが、私はいまだにこの食べ方に抵抗があるので普通に食べます。

新大久保のオススメ店は「CAESAR Cafe (カイサルカフェ)」
木を基調とした暖かい雰囲気の中にポップな色遣いがアクセントとなっている、おしゃれな空間です。店内には韓国の芸能人のポスターや写真が飾られていたり、K-POPアーティストの映像が流れていたりと、韓国のK-POP文化を楽しみながらティータイムを過ごすことができます。

店舗情報

住所:新宿区百人町1-6-15 ヤナギヤビル2F
電話:03-6233-8778
アクセス:
JR山手線新大久保駅 徒歩2分
JR総武線大久保駅 徒歩6分
営業時間: 9:00~24:00(L.O.23:30)

さいごに

いかがでしたか?今回ご紹介した料理以外にも美味しいものがたくさんあります。この他にもオススメの店があるので、またご紹介したいと思います。
안녕(アンニョン)!(※韓国語で「またね」)

This article is a sponsored article by
''.