はじめまして。元学芸員ライター、なつきです。
皆さん、今週末の予定はお決まりでしょうか?もしもデートやお出かけの場所にお困りなら、美術館がおすすめです。最近の美術館はゆったりとアート鑑賞が楽しめるだけでなく、レストランやカフェのクオリティも素晴らしいんですよ。
本連載では美術は「わからない」「難しい」と感じるあなたもきっと楽しめる、都内の「おいしい」美術館をピックアップ。第1回目は、品川の高級住宅街にたたずむ美術館「原美術館」をご紹介します。

原美術館とは?

原美術館は1979年、個人の邸宅を改装して建造された美術館。
品川の閑静な住宅街の中にある美術館はこじんまりとしていながらも、とても上品。もともと私邸だったというだけあって、トイレであった場所に作品を展示するなど、美術館としてはユニークな空間。国内外の現代アートを中心に紹介しています。

原美術館, Hara Museum on Twitter

twitter.com

開催中の展覧会

現在開催しているのは、写真家・篠山紀信の展覧会。篠山氏によるあまりにも有名なジョン・レノンとのオノ・ヨーコの写真は、「一度は見たことがある」という方も多いのではないでしょうか。

そして今回の展示内容は、原美術館の敷地内で篠山氏が総勢33名のヌードモデルを撮影した写真を展示する「快楽の館」。

原美術館, Hara Museum on Twitter

twitter.com

ヌード写真は美しく神秘的。決してあからさまな表現ではないので、女性でも抵抗なく鑑賞できるのでは。1月9日(月・祝)まで開催しているそうですよ。

優雅な休日を過ごせる「おいしい」カフェ

そして美術館に併設するのは、「カフェ・ダール」という名前の中庭に面したガラス張りのカフェ。

原美術館, Hara Museum on Twitter

twitter.com

室内と庭に面したテラス席、どちらでもお食事が楽しめます。
週末に人気のメニューは数量限定のガーデンバスケット(2名様分)。プチオードブルやデザートのかわいらしいバスケットにハウスワインがついて4,750円(価格は変動あり)となっています。
このほかにも、前菜とパスタなどのランチセットは2,000円台でいただけます。

こちらは平日限定のお得なランチセット(¥1,295)。

原美術館, Hara Museum on Twitter

twitter.com

目と舌で味わえる絶品のお料理。何よりアートの並ぶ中庭を眺めながら食べるというのが最高で、お値段から考えたらお釣りが来るのではと思ってしまうほどラグジュアリーな時間を過ごすことができます。

また、ランチタイムを外して訪れる場合にはデザートセット(¥1,050)がおすすめ。展覧会のイメージにあわせてデザインされるケーキはとてもユニーク。

原美術館, Hara Museum on Twitter

twitter.com

今回の展示で楽しめるのは、作品に登場するポールダンスを行う女性の形を模したクッキーをあしらった洋ナシのムース。展示会場でこちらの女性をぜひ探してみてくださいね。
SNSでも展覧会が変わる度話題になるイメージケーキは、仲間との会話の種になること間違いなしです。

洗練された大人の時間を過ごせる原美術館。公式Twitterのフォロワーはなんと10万人を超えています!
館内のイベント情報や、知られざる美術館の裏側も覗けるこちらのページ。フォローすれば、一緒に訪れる仲間や恋人にもうんちくを語って自慢できますね。

原美術館, Hara Museum on Twitter

twitter.com

原美術館

住所:〒140-0001 
   東京都品川区北品川4-7-25 
休館日:毎週月曜日(1月9日は祝日のため開館)
入館料:一般 1,100円 大高生 700円
    原美術館メンバーは無料 20名以上の団体は1人100円引

Next

This article is a sponsored article by
''.